2階リビングのメリット・デメリット | 株式会社タウンズホーム 千葉の注文住宅 タウンズホーム 自然素材の家 工務店千葉
 
Works タウンズホームの家創り

2階リビングのメリット・デメリット

注文住宅でリビングを2階に作りたいという要望が多いのは、どのようなメリットがあるからなのでしょうか。

一番のメリットとしては、光を多くリビングに取り入れることができるので、明るく開放的な部屋を作ることが可能であるという点です。
2階に設けることで風の通りや窓からの景観も良くなります。

また、注文住宅であれば2階リビングであっても高い天井にしたり、ロフトを作ったりと、使い勝手の良さを追求することが可能であるという点も挙げられます。
さらに、隣に住んでいる人の生活音が気になったり、道を歩く人達からの目線が気になったりすることもなく、プライバシーや防犯面から見ても安心できる作りと言えるでしょう。

デメリットも考えて設計を


2階にリビングを作るデメリットとして、日当たりは良くなりますが夏場は室温が上がりやすくなるため、冷房にかかるコストが増えてしまう可能性があります。
また、リビングダイニングキッチンを作った場合、空間が広いことから冷えにくく、料理を出しっぱなしにしていると傷みやすくなる場合もあります。

また、玄関は1階にあるため外へ出ることが面倒に感じる人も多いようです。
特に重いものを購入した際の上り下りや、ゴミを出す手間などの声もあり、年を重ねるとより不自由に感じてしまうかもしれません。
生活の排水音が1階を通ることになるので、水の音が気になるという点も挙げられます。
使用頻度が高い水周りの配置は設計段階で考えなくてはなりません。

家族構成を考慮しましょう


注文住宅の場合、自由に設計をできるので2階にリビングを作ったり天井を広くしたりするなど、自由な発想を実現することも可能になります。
しかし、開放感ばかりを求めてしまうと、小さな子どもから目を離せなくなってしまったり、年頃の子どもがリビングに集まらなくなってしまったりすることもあるでしょう。

注文住宅を作る場合には将来、家族がどのように変化をしていくかも考慮をしてプランを検討するようにしましょう。