注文住宅トピックス | 株式会社タウンズホーム 千葉の注文住宅 タウンズホーム 自然素材の家 工務店千葉
 
Works タウンズホームの家創り

注文住宅トピックス

注文住宅を立てる手順


注文住宅を立てる手順
注文住宅を建てるにあたって、まず決めていかなければならないのが「予算」です。
しかしその予算の決め方によっては、簡単に予算がオーバーしてしまいます。
そうならないために大切なのは総予算を考えるということです。

…「注文住宅を建てる手順」の続きはこちら

注文住宅のメリット


注文住宅のメリット
注文住宅のメリットは、何と言っても自由度が高いということです。
分譲住宅などでも素敵な物件はたくさんありますが、自分たちの希望を予算が許す限りすべて反映させたいという場合には、注文住宅のほうがおすすめです。

…「注文住宅のメリット」の続きはこちら

注文住宅のローンの組み方


注文住宅のローンの組み方
注文住宅を建てる場合も、当然ほとんどが住宅ローンと契約することになります。
しかし注文住宅の場合、建売住宅とは違って「つなぎ融資」の必要性も出てきます。
弁護士へと依頼したときなどに出てくる「着手金」ですが、これと似たようなものが注文住宅でも出てくるのです。

…「注文住宅のローンの組み方」の続きはこちら

注文住宅を建てるときの注意点


注文住宅を建てるときの注意点
注文住宅を建てようというとき、早い段階で行うのが土地選びですが、その土地選びにはいくつか注意点があります。
まずチェックしておきたいのがその土地の地盤です。

…「注文住宅を建てるときの注意点」の続きはこちら

注文住宅イメージの作り方


注文住宅イメージの作り方
自分の好みに合った家が欲しいという場合には、注文住宅がおすすめです。
注文住宅ではどのような家にするのか設計してもらう必要があるので、自分の持つイメージをはっきりさせることが大切です。

…「注文住宅イメージの作り方」の続きはこちら

坪単価とは


坪単価とは
注文住宅の購入で注目したいのが坪単価です。
坪単価とは、1坪あたりの建築費を表すものです。
1坪は約3.3㎡となっていて、坪単価を出す計算式は「本体価格÷延床面積」となっています。
つまり本体価格2000万円で延床面積が40坪の場合、坪単価は50万円となります。

…「坪単価とは」の続きはこちら

注文住宅を建てるためにかかる諸費用


注文住宅を建てるためにかかる諸費用
注文住宅を購入する際の費用として、建物本体と土地の価格に合わせて諸費用が必要となり、この諸費用の金額としては、建物と土地の価格の8~10%に当たる金額を目安として準備する必要があります。
諸費用の内容としては、印紙税やと仲介手数料、登記手数料、住宅ローンを組む場合に必要な物件検査手数料などの税金や各種手数料があります。

…「注文住宅を建てるためにかかる諸費用」の続きはこちら

注文住宅の土地探し


注文住宅の土地探し
注文住宅の購入では、どこに住むかということも重要になってきます。
注文住宅の土地探しは、これから一生住む地でもありますので慎重に決めるようにしましょう。
土地探しは、タイミングや運にも左右されることが多く、必ずしも理想の土地が見つかると限りませんが、いくつかのポイントを理解することでトラブルを回避し理想に近い土地を見つけることができるでしょう。

…「注文住宅の土地探し」の続きはこちら

注文住宅見学会に参加するメリット


注文住宅見学会に参加するメリット
注文住宅の購入を考えているけれど、はっきりとしたイメージをつかめない人やどこの建築会社に依頼するのが良いのか迷っている場合には、見学会に参加してみましょう。
実際に完成した家を見ることで、間取りはもちろんですが、床材や壁紙、設備なども確認できるのでイメージもつかみやすくなりますし、それぞれのメーカーの特徴や、価格なども知ることができます。

…「注文住宅見学会に参加するメリット」の続きはこちら

工務店とハウスメーカーの比較


工務店とハウスメーカーの比較
一般的に注文住宅を建てるときはハウスメーカーか地域の工務店に依頼をします。
どこに依頼をした方がいいのでしょうか。
まずはハウスメーカーと工務店のメリット、デメリットを見て行きましょう。

…「工務店とハウスメーカーの比較」の続きはこちら

注文住宅が完成するまでの流れ


注文住宅が完成するまでの流れ
注文住宅を建てることは誰もが憧れることだと思います。
自分の思い描いている注文住宅を建ててもらう、他にはない自分たち家族だけの注文住宅を建てたい…そんな理想を抱いている人は多いのではないでしょうか。
ここでは、注文住宅をこれから建てたいと思っている人たちに、注文住宅の完成までの流れをご紹介します。

…「注文住宅が完成するまでの流れ」の続きはこちら

注文住宅の補助金制度


注文住宅の補助金制度
注文住宅を建てるには高額な予算が必要になってきます。
自分が住む注文住宅だから安全で安心して暮らしたい…。そのためにはしっかりと工事や地震対策のできた注文住宅にしたいですよね。
予算を少なくすると、それだけ自分の理想から離れた注文住宅を建てることになります。また、注文住宅の安全面を強化するにも費用がかかってしまいます。

…「注文住宅の補助金制度」の続きはこちら

注文住宅の予算を立てるときのコツ


注文住宅の予算を立てるときのコツ
注文住宅を作るときに必要になってくるのが、予算です。
自分の予算はどれくらいあるのか、どれくらいの注文住宅を造ることができるのか、自分の希望通りの注文住宅を作ることができるのか…
予算については、1番悩むと思います。

…「注文住宅の予算を立てるときのコツ」の続きはこちら

注文住宅の間取りの考え方


注文住宅の間取りの考え方
間取りを決めるときに重視したいことは、生活するにあたって部屋に移動しやすいか、自分たちに合った広さか、快適に生活することができるかです。
間取りの失敗例は短期的に気が付く失敗と、住み続けて気づく失敗の2種類あります。
このため、間取りを決めるときは短期的な失敗をなくすことはもちろん、将来のことも考えて注文住宅の間取りを決めなくてはなりません。

…「注文住宅の間取りの考え方」の続きはこちら

注文住宅の設計で失敗しないために


注文住宅の設計で失敗しないために
注文住宅は自分の理想通りに自宅が作れるとても良い方法です。
注文住宅の構想を練ってコンセプト決めてと、必要なことは沢山あります。
大切なマイホームなので考えることはそう苦痛ではないと思いますが、充分すぎる程考えていないと、注文住宅が完成してから「失敗した」なんてことも出てきてしまいます。

…「注文住宅の設計で失敗しないために」の続きはこちら

注文住宅におけるコストダウンのポイント


注文住宅におけるコストダウンのポイント
自分の理想通りに作ることのできる注文住宅。その注文住宅でコストダウンをすることが可能であるのか、と考える方もいるでしょう。
各所にこだわり過ぎて予算オーバーなんてことも珍しくないため、予算は少しでも安い方が嬉しいものです。
そんな注文住宅でコストダウンをする方法をいくつか紹介します。

…「注文住宅におけるコストダウンのポイント」の続きはこちら

注文住宅の子ども部屋の作り方


注文住宅の子ども部屋の作り方
注文住宅では家族の構成やライフスタイルに合わせて、理想の家を作ることができます。
そのため、多くの方がマイホームを購入する際に一度は考える方法なのではないでしょうか。
しかし、注文住宅にはいくつか注意しなければならないポイントが存在します。

…「注文住宅の子ども部屋の作り方」の続きはこちら

施主支給で造る注文住宅の注意点


施主支給で造る注文住宅の注意点
施主支給とは家を建てる施主自身が、注文住宅で用いる住宅設備や建築に使う資材などを自分で購入し、家を建てるメーカーや工務店などに直接支給することを言い、卸売業者などを介さずに資材などを購入できるため、価格を抑えることができると言われています。

…「施主支給で造る注文住宅の注意点」の続きはこちら

注文住宅に必須!断熱材とは


注文住宅に必須!断熱材とは
断熱材は夏は涼しく、冬は暖かく過ごすために欠かせないもので、注文住宅できちんとこだわりたいものの一つです。
断熱材と言っても素材や方法によって値段や特徴が様々であるため、充分に知識を持ったうえで自分に合ったものを見つけることが必要となります。

…「注文住宅に必須!断熱材とは」の続きはこちら

注文住宅と分譲住宅の違い


注文住宅と分譲住宅の違い
家という一世一代の大きな買い物をするときに悩むもの、それは注文住宅にするのか分譲住宅にするのかではないでしょうか。
注文住宅といえば自分の好きなように設計し、設備や内装を理想通りにできるため、多くの方に好まれる傾向にあります。

…「注文住宅と分譲住宅の違い」の続きはこちら

アメリカンスタイルの注文住宅


アメリカンスタイルの注文住宅
アメリカンスタイル住宅と一般的な日本の住宅との違いは、大きさや面積の広さはもちろんですが、それ以上に違いが目立つのが「間取り」です。
日本の基本的なリビングの広さは10帖ほどですが、アメリカの住宅のリビングは20帖~30帖とおよそ倍以上の広さを誇っていることが多いです。
全体的に一部屋の間取りが広いのがアメリカンスタイル注文住宅の大きな特徴と言えるでしょう。

…「アメリカンスタイルの注文住宅」の続きはこちら

注文住宅は木造と鉄骨どちらがいい?


注文住宅は木造と鉄骨どちらがいい?
注文住宅の購入を検討されている方の中には、木造にするか、それとも鉄骨造にするのかどちらを選択すればいいのかわからない、と感じているかもしれません。
注文住宅は一生に一度の大きな買い物であるため、慎重に比較をしながら決めていく必要があります。
そこで今回は、木造住宅と鉄骨住宅のそれぞれの特徴をご紹介していきます。

…「注文住宅は木造と鉄骨どちらがいい?」の続きはこちら

ペットと暮らす注文住宅を建てる


ペットと暮らす注文住宅を建てる
注文住宅を建てる時に、ペットを飼っている人、または飼う予定のある人はペットのことも考慮しておくと過ごしやすい空間作りができます。
ペットも人間と同じように室内で暮らす場合には動きやすい動線が出来上がっているとストレスにならず、生活がしやすくなります。

…「ペットと暮らす注文住宅を建てる」の続きはこちら

床暖房の種類と特徴


床暖房の種類と特徴
昭和以前は畳の部屋が多く、床で過ごすことが少なかったのですが、最近ではフローリングの床で暮らすスタイルが主流となっています。
そのため、床の冷たさをなくすために床暖房を設置する家庭が増えています。

…「床暖房の種類と特徴」の続きはこちら

住宅の電気配線の考え方


住宅の電気配線の考え方
キッチンやバスルーム、その他の間取りにだけ気を取られていると、肝心の電気配線が非常に使いにくい場所に追いやられていたり、数そのものが足りなかったりすることがあります。
せっかく注文住宅で新築するのですから、できる限りそのような事態は避けたいもの。
それでは、注文住宅における電気配線の考え方をまとめてみることにしましょう。

…「住宅の電気配線の考え方」の続きはこちら

3階建て注文住宅の設計ポイント


3階建て注文住宅の設計ポイント
3階建て注文住宅には、平屋や2階建てにはないメリットがあります。
まず、建築予定地の敷地面積が狭かったとしても、ご家族のプライバシーを守りながら居住スペースを確保できるということ。
そして、ひとつの敷地内に2世帯同居が可能であること。
さらに、設計次第では日当たりのよい3階でガーデニングや日光浴を楽しむこともできます。

…「3階建て注文住宅の設計ポイント」の続きはこちら

注文住宅の外壁材の種類と特徴


注文住宅の外壁材の種類と特徴
外壁材選びは、注文住宅を考える際にとても重要な要素のひとつです。
どの外壁材を選ぶかによって室内温度も左右されますし、遮音性の高さも違ってきます。
ここからは、主にサイディングについて詳しく見て行きましょう。

…「注文住宅の外壁材の種類と特徴」の続きはこちら

注文住宅に防音室を作りたい時


注文住宅に防音室を作りたい時
注文住宅を建てる際、音に関する要望は人それぞれ持っていると思います。
何を目的に防音室を作るのかによって、防音の程度も費用も変わってくるものです。
まず音はどうして漏れるのかをご説明しましょう。

…「注文住宅に防音室を作りたい時」の続きはこちら

バリアフリーにする際の注文住宅設計


バリアフリーにする際の注文住宅設計
注文住宅を依頼する人の中でも多いのが、バリアフリーに注目した住宅です。
今現在の必要とするバリアフリーレベルや将来を見据えた要望など、様々な希望があるかと思いますが、バリアフリーは注文住宅であってもリフォームであっても費用が高額なため、本当に必要なものを考えて施す必要があります。

…「バリアフリーにする際の注文住宅設計」の続きはこちら

玄関の設計ポイント


玄関の設計ポイント
まず開き戸についてですが、方開きや両開きなど様々な種類があります。
開き戸を選ぶ際のポイントとしては、ドアが開く外側のスペースや角度を考えた上で選ぶことです。
また車イスや足の不自由な方への考慮も視野に入れるなら、それも都合して選ぶ必要があるでしょう。

…「玄関の設計ポイント」の続きはこちら

注文住宅で階段の位置の考え方


注文住宅で階段の位置の考え方
注文住宅を依頼する際には、間取りに悩む人も多いと思います。
そして間取りを決める際には、階段が多きく影響します。
その形状、位置、大きさなどによって、住宅の間取りを大きく左右しますので注意が必要と言えるでしょう。

…「注文住宅で階段の位置の考え方」の続きはこちら

照明器具の配置と選び方


照明器具の配置と選び方
会社などの事務所の場合、全般照明だけで照度を確保する方法がよく使われます。
しかし一般的な住宅では、全般照明よりも、100~200lx程度の器具を活用します。
それぞれ必要に応じて、手元灯など、個別的に照射することが多くなります。

…「照明器具の配置と選び方」の続きはこちら

吹き抜けのメリット・デメリット


吹き抜けのメリット・デメリット
注文住宅を選ぶ時、吹き抜けに重点を置く人も多いのではないでしょうか。
天井が高いと解放感を得ることができ、生活も楽しくなります。
しかし吹き抜けを設置する時は、メリットやデメリットもしっかり把握しておく必要があります。

…「吹き抜けのメリット・デメリット」の続きはこちら

たっぷり収納がある注文住宅を建てる


たっぷり収納がある注文住宅を建てる
注文住宅には様々な収納があります。荷物が多い人にとって、このように多くの収納場所があれば助かります。
それぞれの住宅に収納場所がありますが、床下収納、屋根下収納、壁面収納のメリットを紹介します。

…「たっぷり収納がある注文住宅を建てる」の続きはこちら

ピアノを置く予定がある部屋は補強が必要?


ピアノを置く予定がある部屋は補強が必要?
住宅を購入する時、設置する物品などについて気になる人も多いのではないでしょうか。
設置する物品に重量がある場合、床補強などを行う必要があります。
例えば、新しい家でピアノの設置を予定している人もいるでしょう。

…「ピアノを置く予定がある部屋は補強が必要?」の続きはこちら

注文住宅の地鎮祭・上棟式


注文住宅の地鎮祭・上棟式
注文住宅のような新築住宅を購入する場合、通常は地鎮祭や上棟式などを行います。
住宅会社などによって手順は変わりますが、大まかな流れはだいたい似ています。
注文住宅で行われている地鎮祭、上棟式を紹介します。

…「注文住宅の地鎮祭・上棟式」の続きはこちら

耐震等級と免震・制震・耐震の違い


耐震等級と免震・制震・耐震の違い
注文住宅を建築する時、気になるのが耐震の問題ではないでしょうか。
承知の通り日本は地震大国ですので、いつどこで地震が起こってもおかしくない状態といえます。
そのためこれから家を建築する場合、揺れ対策もしっかりしておく必要があります。

…「耐震等級と免震・制震・耐震の違い」の続きはこちら

注文住宅の頭金平均金額


注文住宅の頭金平均金額
注文住宅の購入を予定している人も多いことでしょう。
住宅は価格が高いので、決断するまでに時間がかかる人も少なくありません。
住宅ローンを組むと返済期間が長くなりますので、初期費用にお金をかける人もいるようです。

…「注文住宅の頭金平均金額」の続きはこちら

アイランドキッチンのメリット・デメリット


アイランドキッチンのメリット・デメリット
外国のリゾート地のお洒落な雰囲気があり、通常のキッチンよりも開放家があるのがアイランドキッチンです。
アイランドキッチンは「アイランド=島」という言葉からイメージされるように、作業スペースやシンクがキッチンの中央に独立してレイアウトされています。

…「アイランドキッチンのメリット・デメリット」の続きはこちら

対面キッチンのメリット・デメリット


対面キッチンのメリット・デメリット
昔の家の台所は、建物の端の目立たない場所で窓も狭く暗いイメージが一般的です。
しかし、最近の注文住宅では開放的な対面キッチンを希望する方も多く、モデルルームなどで見ると広くてお洒落な感じがするでしょう。
では、対面キッチンの機能面を見ていきましょう。

…「対面キッチンのメリット・デメリット」の続きはこちら

キッチン設計で忘れずに考えたいゴミ箱事情


キッチン設計で忘れずに考えたいゴミ箱事情
自宅をリフォームする時や、注文住宅で新居を購入する時に部屋割り・動線・建物の場所、向きなどは勿論ですが、主婦が最も気にかけているのがキッチンのレイアウトではないでしょうか。
昔の家では居間と独立した部屋にキッチンはありましたが、最近はリビングダイニングと一体になっている、広くて開放感のある対面型・アイランド型のキッチンが主流になっています。

…「キッチン設計で忘れずに考えたいゴミ箱事情」の続きはこちら

キッチンの色の選び方


キッチンの色の選び方
家を建てるなら、自分の希望を反映させた注文住宅が良いという人も多いと思います。
注文住宅の設計を建設会社に依頼する時は、あれもこれもと希望が出て難しさと共に楽しくもなるでしょう。
中でも女性は、キッチンのレイアウトを重要視しているのではないでしょうか。

…「キッチンの色の選び方」の続きはこちら

北欧風の注文住宅デザイン


北欧風の注文住宅デザイン
北欧風住宅とは、一般的にフィンランド・スウェーデンの家のような住宅を言います。
北欧風の住宅には、日本の住宅とは違う特徴があります。
日本建築の工法は、縦方向を支える柱・横方向を支える梁・斜め方向を支える筋交いの3つの方向のラインが、建物のバランスを取っています。

…「北欧風の注文住宅デザイン」の続きはこちら

BELS表記について


BELS表記について
近年は、エコや省エネに社会が敏感になりました。
昔の自動車は、燃費よりもエンジン性能・パワー・加速度が重視されていましたが、今では燃費が最も重要でハイブリッド車やEV(電気自動車)が注目を集めるようになっています。
そんな風潮からか、建築物でも省エネを求められるようになり、「BELS(ベルス)」という表示を見かけるようになりました。

…「BELS表記について」の続きはこちら



  • TEL
  • CONTACT
  • ACCESS