断熱の家 | 株式会社タウンズホーム 千葉の注文住宅 タウンズホーム 自然素材の家 工務店千葉
 
Works タウンズホームの家創り

断熱の家

タウンズホームは断熱にこだわります。
私達の基本コンセプトである「自然素材」を活かしながら、断熱性能を追求した
独自の仕様、「W+1(ダブル断熱プラスワン)」を開発しました。
高断熱・高気密を備えつつ、遮熱性能・耐震性能などをプラスして、ワンランク上の快適な家を創り上げます。

断熱にこだわることは、健康にこだわるということ


タ適切に断熱された住宅は、健康性の向上にも大いに貢献するといえます。
断熱性能が上がるほど、アレルギーや風邪、冷えなどのリスクは減少します。
『しっかりとした断熱』は健康への配慮という点だけでなく、健康医療費の削減や症エネにもつながっています。

肩こりや頭痛、疲れや肌荒れなどのトラブルは一度「身体の冷え」を疑う必要があります。
寒いところで長い時間を過ごすと体温調節のバランスが崩れ、未病(そのままでは深刻な病気を引き起こす状態)になる可能性がでてきます。
日々の生活の中で体を冷やさないこと、冷えを防いで健康で快適な空間を創りましょう。

肩こりや頭痛、疲れや肌荒れなどのトラブルは一度「身体の冷え」を疑う必要があります。
寒いところで長い時間を過ごすと体温調節のバランスが崩れ、未病(そのままでは深刻な病気を引き起こす状態)になる可能性がでてきます。
日々の生活の中で体を冷やさないこと、冷えを防いで健康で快適な空間を創りましょう。

また、断熱グレードを上げることで電気代のコスト、省エネにもつながります。

より温度差のない家へ


家の温度に不満を感じながら生活していませんか?きちんと断熱された家は温度を保持し、
外の温度に影響されない快適な環境を実現します。

急激な温度差は、血圧や脈拍を大きく上下させ、血管を収縮させます。これが「ヒートショック」です。厳寒期のトイレや浴室は特に危険といわれます。
心臓に大きな負担が掛かるため、高齢者や高血圧の方は特に注意が必要です。家の中の温度差をできる限り減らすことで事故を未然に防ぐことができます。

カビ・ダニの生育条件をなくしましょう!



「気密」とは、単に家の中の空気を閉じ込めることではありません。
外気温が室内に及ぼす影響をできるだけ少なく抑え、すきま風などによる余計な外気の侵入や、害虫などの不快な有害因子の侵入をしっかり遮断することです。

害虫やカビの好む温度は人が快適と思う温度と同じです。しかし、ホコリ等の栄養源を絶ち、
湿度を管理することで、アレルゲン物質であるカビ・ダニなどの発生を抑制できます。
カビやダニが生息できない高アルカリ性の漆喰などで空気の質を保ち、気密を図り湿度をコントロールする。
これが弊社で建築されたOB様のアレルギー症状の緩和に繋がっていると私達は考えます。

さらに快適に、「遮熱」をプラス!


近年続いている猛暑は重要な問題です。夏を涼しく快適に過ごすためには、70℃以上にもなる屋根からの熱を遮る」ことが得策です。熱の流出入の約15%は屋根といわれます。

タウンズホームの家は、屋根も最高ランクの断熱材でしっかり断熱!断熱性を高めるのはもちろん、輻射熱を抑える「遮熱」を取り入れることで、その効果は飛躍的にアップします。
屋根断熱の強化も、エネルギー削減と快適空間を創りだす重要なポイントです。

さらなる安心を、「耐震性」をプラス!


構造は在来軸組み工法をベースに外壁面・床面に耐力面材を貼る工法を採用。
在来工法の木材本来の柔軟さを活かしながら、2X4工法のように耐力面材で四方を押えしっかりと補強。
重心・剛心などの建物バランスなども検討し、耐震性に非常に優れた建物をご提供しております。

災害時の拠点レベルの耐震性、耐震等級3ももちろん可能です。お好みの間取りなども考慮しながら、最も良いバランスで安全&安心な家をご提案しています。



  • TEL
  • CONTACT
  • ACCESS